「男なのにホワイトニングしてたら変じゃない?」【よくある質問】

「男なのにホワイトニングしてたら変じゃない?」【よくある質問】

男のホワイトニングはかっこいい


まだよくある意見として

「男のホワイトニングは男らしくない」

「男がホワイトニングするのは恥ずかしい」

しかし冷静に考えてみてはたしてそうでしょうか?

 

例えば、日本人なら誰でも知っているキムタクこと木村拓哉さん。もちろんホワイトニングをしています。歯が白くて笑顔が素敵ですよね。

「キムタクはアイドルだからやるでしょ」

 

そう思った方、イメージできるかわかりませんが、東幹久さんや高橋克典さんのようなワイルドな方でも歯のホワイトニングをしています。

 

「東幹久さんも高橋克典さんもイメージできない」

そんな人には

auの三太郎のCMに出ている、ワイルド系の桐谷健太さんをイメージしてください。彼もホワイトニングをしています。

「イメージできない」

そんな方は下記の動画を「歯」に注目してみてみてください。

「お家をつくろう」 -浦島太郎

 

歯を見ましたか?

真っ白です。

改めてみると驚くほど、真っ白です。

この白さはホワイトニングをしていない限りは白くなりません。

ごく当たり前にテレビを見ていますが、テレビに出ている方のほとんどはホワイトニングをしています。

ホワイトニング=テレビに出るものの最低限のマナー

と言ってもいいほど、見た目が強く影響する人にとっては必須なものとなっています。

 

芸能人以外は見た目は重要ではない?


「外見」は「歯の色」はとても重要です。

 

見た目は多くのメリットを享受するためにすごく重要です。

見た目が重要ということをサポートする情報を以下でいくつか紹介します。

 

生物学的に「清潔感」のある外見は重要

特に男性が女性に選ばれる際に一つのとても重要な要素に「清潔感」があります。

生物学的に女性は「受ける」側となるので、胎内に命を宿せる唯一の器となれる性質を持っているため、受けるために、自己とその子孫の安全のために「清潔感」という点においては男性以上に気にする傾向があります。(個人により差はあります)

 

歯が黄色い状態、たばこのヤニがついている状態などで、清潔感があるでしょうか。

もちろんそれがすべてではありませんが、見た目からのくる清潔感というのはとても大事です。

 

メラビアンの法則

新入社員研修などで聞いたことがあるかもしれませんが、人と会話をしているとき、それぞれの要素の影響を数値化したもので

  • 見た目が55%
  • 声が38%
  • 内容が7%

賛否両輪がある法則ではありますが、、見た目の占める割合が大きいという示唆を出している情報です。

 

心理学の研究

上記の論文をかいつまんで要素を紹介すると

  • 外見がいいと社交の場で有利
  • 職場での評価を受けやすい
  • 犯罪の量刑が軽減される

つまり「外見がいい」という要因だけで人生にとって大きくプラスとなるわけです。

 

ホワイトニングは後天的かつ容易に手に入る差別化手段


ホワイトニングはセルフホワイトニングが出てきたことで、費用的にも安全面でも気軽に受けられるようになってきました。

ホワイトニングがなぜ差別化になるかといいますと、ホワイトニングを受けたことがある人の割合は2013年調査で3%や2018年調査では16%と大きく増えています。

受けたい人は2013年の調査で72%、2018年では興味がある人が54.8%となっており、興味があり受けたいと思っていた人の割合のいくらかはセルフホワイトニングの普及が進んでいることがわかります。

 

一方で明確な数値はありませんでしたが、実際にホワイトニングをしたことがある人ととしては、やはり女性が多いという予測がされており、もし、ホワイトニングのをしたことのある人の割合が女性が8-9割だとすると、男性でホワイトニングを受けたことがある人はせいぜい、1.5-3.2%くらいが妥当な数字ではないでしょうか。

この割合は身長が185㎝以上の人の割合とほぼ同じとされていますので、高身長と同じくらいの希少さで異性にモテる要素となりえるのがホワイトニングなのです。

実際には高身長はお金を払っても努力をしても手に入るようなものではありませんが、ホワイトニングの場合、気軽に通うだけで簡単に手に入ります。

 

セルフホワイトニングはどこがいいの?


受けたい場合の情報としては別途、セルフホワイトニング比較というのを書きましたのでそちらを参照ください。

セルフホワイトニング比較

 

最後に


ぜひホワイトニングで男をあげて、

  • 仕事
  • 恋愛
  • その他

多くのメリットを享受してみてはいかがでしょうか。