セルフホワイトニング を受けるべき5つの理由

セルフホワイトニング を受けるべき5つの理由

徐々に知名度を増してきたセルフホワイトニング


この記事を読む人はセルフホワイトニングというワードを知っている人と思いますが、まだまだ知名度としては低いのがセルフホワイトニングです。

 

2018年に行われた調査でもホワイトニングを経験した人が16%と2013年の5%と比べても増えてきています。

とはいえ、依然としてまだまだ未経験の人が多いです。

理由として

  • 金額が高い
  • 歯の色を気にならない

などが多いです。

歯の色を気にならないという人を無理やり興味を持たせるというのは難しいですが、

「興味あるが金額が気になる」という人には最適なサービスがセルフホワイトニングです。

 

金額的な面とそれ以外の面も含めて、「セルフホワイトニングを受けるべき5つの理由」を書いてみました。

 

理由1 金額が高くない


セルフホワイトニングは通常のホワイトニングと違って安価でできます。

通常の歯科医院で行うホワイトニング(オフィスホワイトニング)はホワイトニングの費用のみでなく、通院でかかるコストも含めてかなり多くの金額かかります。

白くなるまでのホワイトニングだけでコストとしては10万円前後の費用がかかってきます。

またオフィスホワイトニングの場合、維持のためにホームホワイトニングを併用することもあり費用的にはかなりの金額がかかってきます。

そのため、費用的な面で挫折してしまうようなポイントはいくつかあります。

一方で、セルフホワイトニングの場合は1万円くらいで自然な白さを手に入ることもありますし、3-5万円ほどかけることができれば、多くの人には十分な効果を得ることができます。

 

とても大事な要素である「価格」という点でセルフホワイトニングはとても魅力的なサービスです。

 

費用イメージの参考

ホワイトニング比較_オフィス、ホーム、セルフ

 

 

理由2 歯が丈夫になる


オフィスホワイトニングは歯の表面をはがして、内部まで白くするので白くなるのでしすが、表面をはがしてしまう関係からどうしても、歯が丈夫になるというよりはもろくなります。

一方で、セルフホワイトニングは歯の表面をコーティングすることで歯の強度があがります

 

 

理由3 コーヒー・ワインの着色を防ぐ


オフィスホワイトニングはホワイトニング直後、歯の表面をはがしている関係から、着色がしやすくなっているので、24時間は、できたら72時間ほどは着色のある飲食物(コーヒー・ワイン・カレーなど)を避けなければなりません。また、その後も白い歯を維持するためにできるだけ、着色物は避けた方がよいとされています。

一方でセルフホワイトニングは歯の表面をコーティングすることで、着色物を寄せ付けない状態になります。また、着色物だけでなくコーティングにより歯垢などもつきづらくなり、虫歯予防にもつながります。

 

 

理由4 口腔意識が向上し生活習慣を予防できる


オフィスホワイトニング・セルフホワイトニング問わず、ホワイトニングをすることで、「もっときれいな状態を保ちたい」という意識がわき、「歯並びを矯正したい」と思い、かみ合わせが改善されることで肩こりなどの血流を悪化させるような要因を取り除くことができたり、「予防として歯石のクリーニングをしたい」と思うようになり、放置しがちである歯周病などを早期から予防に取り組むきっかけになります。

歯周病などは糖尿病のリスクや心筋梗塞・脳梗塞のリスクを増大するとされていて、全身疾患と強い関係性があります。

現在の医療上の問題として「予防」の段階でリーチができていないということです。

セルフホワイトニングにより手軽に口腔意識へ気を向けることで口腔環境の優先順位が上がり、将来的な疾患リスクを減らすことにつながります。

 

 

理由5 外見がよくなり、笑顔が増え、いいことが起きる


人は見た目が9割ともいわれるほど外見というのは重要です。

歯が綺麗になることで、白くなることで自分に自信が持てるようになり、笑顔が増えます。

また綺麗な歯を見せたいと思うと、笑顔になることが増えます。

笑顔でいることが増えると、人が集まります。笑顔でいるといいことが増えます。

笑顔は平和、幸せにおいてとても重要です。

笑顔を磨き、笑顔を増やし、今までにない笑顔を創り出すことのできるのがホワイトニング

 

ぜひ気軽にホワイトニング、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

CHホワイトニングに関してはこちら

■ 価格表はこちら

 

参考: