ストレートネック(スマホ首)とは?

ストレートネック(スマホ首)とは?

ストレートネック(スマホ首)とは


straight_neck_smartphoneストレートネック(スマホ首)とは、その名の通り頸椎がまっすぐの状態になっていることを言います。頸椎は通常緩やかなカーブを持っていることで、負担を軽減し、またまっすぐの姿勢を保とうとしています。名前の印象からすると「ストレート」なのでまっすぐで身体に悪くなさそうな語感ですが、これは骨格の大きな問題なのです。本来カーブしているはずが、まっすぐになってしまっているということは、前に首が出ている状態になります。「てこの原理」により首かかる負担は遥かに大きくなります。

棒の先に重りがついた状態をイメージしてもらえるとわかりやすいかもしれませんが、それぞれ下記のような状態です。

 

頸椎がカーブしている ⇒ 力点と支点が近い状態

支点と力点-近い

 

頸椎がまっすぐ    ⇒ 力点と支点が遠い状態

支点と力点-遠い

 

ストレートネックは頸椎がまっすぐで力点と支点が遠い状態なので、首かかる負担がはるかに大きいのがイメージできるかと思います。

 

どのような影響があるか


上記の図のようなイメージで通常以上に大きな負荷がかかることで、頸椎や周囲筋肉に大きな負荷がかかります。

結果として下記のような症状を引き起こします。

  • 首コリ
  • 腰痛
  • 眼精疲労
  • 頭痛
  • 集中力の低下
  • 自律神経失調症
  • ストレス耐性減
  • めまい
  • 頸椎のヘルニア
  • 首、腕のしびれ

などを引き起こします。

 

予防法・改善方法は?


ストレートネックの予防法・改善方法は首コリの対策に書いた「肩こり(首コリ)を侮らないでください – 頭痛、生産性に影響」と同じです。

下記引用:

首が前に出ていないか定期的に意識して首の位置を治す(あご「くいっ」戻し)

頭は自分が思っている以上に重たいです。それを支える首というのはダイレクトに負担を受けます。

首の位置の戻し方として顎を人差し指と親指で挟み、後ろに「くいっ」と押すことで位置を戻すことができます。

同じ動作でしばらく頭部を指で支えると首の負担を軽減するのに役に立ちます。

1.あご「くいっ」の要領であごを持つ

2.後ろに押す

3.その状態を5秒維持

首や肩のストレッチ

首こり、肩こりで一番大事なのはストレッチです。

伸ばして、血流を改善。老廃物を流しましょう。

参考動画が下記です。(動画は当院と関係ありません)

 

 

首や肩の筋肉を鍛える

腕を上にあげたりするだけでも僧帽筋(肩こりの原因となっている箇所の筋肉)は筋トレできますが、下記の動画のように行うと、自重でお手軽にかつ効果的に筋トレができます。(動画は当院と関係ありません)

 

肩こり(首コリ)が解消できる枕にする

市販されている多くの高級枕、オーダー枕は実は「寝心地」に注目してつくられているものの、寝ている間に体を整えるということに関しては役に立たないことが多いです。

知る限り、いろいろと枕を探し求めた結果、
肩こり(首コリ)が解消できる、最高の枕はこの一品のみでした。

もし本気で肩こり・首コリを解消したければ、楽して症状改善したければ整体枕の使用のおすすめします。

整体枕とは?

 

わかりづらいなどございましたらご来院いただけましたらアドバイスすることができます。

ぜひお気軽にお越しください。

 

新宿・西新宿の整体院なら『生体電流療法』専門院のセル・ヒーリング整体院

質問・予約はLINE@からお気軽にコンタクトください