呼吸が浅い方、呼吸の浅さを改善したい方に生体電流療法

呼吸が浅い方、呼吸の浅さを改善したい方に生体電流療法

「呼吸が浅い」「深く息を吸えていない気がする」そんな方に最適


よく相談されるのが「呼吸が浅く改善したい」「呼吸を深く吸えていない気がする」という方からの相談です。

人間は呼吸をすることで酸素を取り入れ、その酸素を使ってエネルギー(ATP)を生み出しています。そのため呼吸というのは細胞の活動に直結している最も大事な生命活動です。

 

近年ヨガなどの普及により、呼吸の大事さというのが浸透してきました。

しかし一体どのようにすれば「呼吸が浅い」という問題が解決できるのかというとすぐに回答できる方はあまりいないのではないのでしょうか。

下記で呼吸が浅い方に対しての改善方法を紹介していきます。

 

呼吸が浅い場合の改善方法


呼吸が浅い場合、深く呼吸するために必要なのは「横隔膜とその周囲の筋肉の柔軟性」と呼吸時の「入口である気管、気管支の状態の改善」です。

 

■ 横隔膜とその周囲の筋肉の柔軟性

生体電流療法は特別な器具で触れることで該当部の筋肉の緊張を手指をつかった施術以上に早くそして深くまでときほぐすことができます。

施術以外での該当部をほぐす方法としては、ヨガなどのストレッチなどをすることで横隔膜がストレッチされて、結果として呼吸をより深く行うことができるようになります。

具体的な方法はYoutubeで「横隔膜 ストレッチ」などで参照するといくつか見つかります。

例:

※内容は当院とは関係ないため、実行することでの不具合、内容に関しての責任はお取りできません。内容も細部まで確認してベストのものを引っ張ってきているわけではないので、随時Youtube内で検索いただき、いくつか参照いただくのがベストです。

 

■ 入口である気管、気管支の状態の改善

入口である気管や気管支の状態をよくする場合、生体電流療法であれば数分当てるだけで、周囲の細胞が正常な活動状態を取り戻し、結果として、息が吸いやすくなります。これは単独でも即時に効果があるため、横隔膜へのアプローチをしていなくともすぐに「呼吸がさっきよりもしやすい」と実感いただけます。またあまり、気管や気管支に問題が元からなかった場合はあまり大きな変化がないので具体的な変化を感じづらいケースが多いです。また呼吸に関して実際に機能が上がったとしても感じ方はひとそれぞれのため、「とても改善した」と思う人から「言われて見ると少し楽になった気がする」程度まで様々です。

生体電流療法以外で気管、気管支の状態を改善は薬の服用となります。薬は必ず副作用・副反応があったりするケースがあるので、呼吸が苦しいなどがなければ長期で服用することは避け、生体電流療法でメンテナンスすることを推奨します。